ヘルニア手術は難しいと言われている|名医なら安心

Doctors

様々な原因と治療法

婦人

自己判断は危険です

ひとえに「腰痛」といってもその原因は様々です。椎間板ヘルニアなどに代表される骨や椎間板の異常から起こるもの、ギックリ腰と呼ばれる筋肉繊維の断裂や腰の骨の靭帯の捻挫、筋肉への負担からくるものや血行が悪いことが原因で起こるものなどが主な腰痛の原因といわれています。 原因がどれであるにしろその奥には癌などの恐ろしい病気が潜んでいる場合もありますので、腰に痛みを感じた際には自己判断はせずにまずは病院にかかりましょう。一般的に腰痛症といわれている症状に関してはレントゲンでも診断することが不可能で明確な原因は不明であるため、病院に行っても必ずしも解決するとは限りませんが、他の大きな病気である可能性を消去するためにも通院は必要です。

様々な治療法があります

病院で受ける腰痛治療は鎮痛剤などによる薬物療法や温熱療法などの理学療法などがメインです。但しこれらを続けても快方に向かう様子が見られない場合には手術が行われることもあります。また、椎間板ヘルニアの場合は神経に局所麻酔とステロイドホルモンを注射するブロック療法が用いられる場合もあります。 あくまでこれらは腰痛に対する代表的な治療法であり腰痛の方全てがこれらの治療を受けるわけではありません。また治療に不安がある場合には主治医に相談しましょう。別の治療法を提案してもらえるケースもあります。 また慢性化した腰痛の治療はウォーキングやストレッチなどの運動が効果的です。これらを上手に組み合わせることにより一刻も早く辛い腰痛から開放されることを目指しましょう。