ヘルニア手術は難しいと言われている|名医なら安心

Doctors

椎間板ヘルニアの治療法

病院

手術は最終手段

椎骨の間にある椎間板の変性が原因となって起こる疾患を椎間板ヘルニアと言います。頚部に起きた場合には頚椎椎間板ヘルニア、腰部に起きた場合には腰椎椎間板ヘルニアと呼びます。共に、痺れや痛み、運動障害などを引き起こすため、症状が進行するほど日常生活に支障が出ることになります。なので、早めの処置が重要とされています。椎間板ヘルニアに対する治療は、保存療法かヘルニア手術になります。症状が軽度であれば保存療法が行われますが、保存療法だけでは対処できない場合にはヘルニア手術を行うことになります。ヘルニア手術では、飛び出した椎間板を切除します。しかし周辺には脊髄や神経根などがあるため、後遺症が残る可能性もあります。なので、なるべくヘルニア手術を行わなくて済むように、症状が軽いうちから保存療法を行ったり、椎間板ヘルニアにならないように予防しておくことが良いでしょう。

治療法の特徴

椎間板ヘルニアに対する治療は保存療法とヘルニア手術です。保存療法には、安静、湿布、温熱療法、理学療法、薬物療法などがあります。この中で最も即効性があり効果が感じやすいのは薬物療法になります。しかし、薬物療法は痛みだけを緩和させる治療法になるため、根本的解決にはなりません。なので薬の効果が切れたり、薬を止めてしまった場合には、再び痛みが現れます。これらの保存療法で効果が見られない場合や、あまりにも症状が強く現れている場合にはヘルニア手術が行われます。直視下、顕微鏡下、内視鏡下などの方法があります、ヘルニア手術を行った後にはリハビリなども行わなければならず、身体機能の低下している高齢者にとっては大変負担になります。なので、高齢者の場合は無理にヘルニア手術を行わず、保存療法のみで対処していく場合も多く見られます。